眼形成-眼瞼下垂

視界も表情も明るく、好印象の目元へ

眼瞼下垂

年齢とともに、徐々にまぶた(眼瞼)を挙げる筋肉や腱膜が弱くなり伸びてしまって、目が開けにくくなったり、上まぶたの皮膚がたるんででき視界を遮ることがあります。頑張って目を開けようとして、額にシワができたり、眉毛に力が入り目の周りの疲れを引き起こすこともあります。また、長期間ハードコンタクトレンズを装用している場合には若い方でもまぶたが下がってくることがあります。
稀に、神経や脳の病気などでまぶたが下がってくることもあるので、そのような病気が疑われるときはMRIでの精査や神経疾患、代謝疾患等の有無の精査が必要で、神経内科や脳外科などへご紹介させていただく場合もあります。

当院の眼瞼下垂手術

上まぶたを挙げる筋肉や腱膜が弱って伸びてしまっている場合には、伸びた筋肉や腱膜を正しい位置に固定し直す手術を行っています。皮膚のたるみがある場合には、余っている皮膚を取り除きます。手術中に上まぶたの挙がり具合や左右差を確認しながら手術を行います。

当院では炭酸ガスレーザーという手術機械を使用することで、手術中の出血や手術後の腫れが少ない手術をおこっています。
手術は日帰りでおこない、執刀は眼瞼下垂手術の経験豊富な医師がおこないます。
当院では美容目的の手術はおこなっておりません。

眼瞼下垂手術の術前・術後比較

眼瞼下垂手術前

眼瞼下垂手術前

眼瞼下垂手術後

眼瞼下垂手術後

手術までのスケジュール

STEP1 手術申し込み

近々人前に出る予定がある、といった場合には日程を調整いたします。スタッフにご相談ください。当院では眼瞼下垂手術は全て日帰りでおこなっています。

STEP2 術前説明

ご家族と一緒にご来院いただき、手術の説明をしっかり聞いていただきます。何か疑問点などありましたらご質問ください。

STEP3 手術当日・手術後

手術は局所麻酔でおこないます。手術後は傷口はガーゼで覆いますので多少みづらいですが、足元は見えますので歩いて帰れます。車をご自身で運転して帰ることはお控えください。
どんな手術でも手術した部位は腫れるものですが、1〜2日間は上まぶたをよく冷やすようにしますと、手術後の腫れが軽く済みます。
手術後は定期検査を行います。
手術風景はカメラ越しに見ることもできます。付き添いで来院されたご家族の方でご希望の方はご覧ください。

併症について

手術後は基本的にはさほど出血しませんが、ワーファリン等の「血が止まりにくくなる薬」を服用されている方は手術後に皮下出血が生じることがあります。その際、目の周りが黒くなりますが大体1、2週間ほどでなくなっていきます。稀に大きな血の塊ができた場合には取り除くことがあります。
基本的には少ないのですが、手術後に左右差が極端に目立つ場合には再手術を行うことがあります。
皮膚の創口は、糸でしっかり縫って閉じますが、手術後に傷口を強くこすってしまいますと開くことがあります。基本的にはこすらないことが大事ですが、開いいてしまった場合は再度縫い直しますので、ご来院ください。

用について

70歳以上(1割負担) 70歳未満(2割負担)
両 眼 14,000円 14,000円
  • ※上記金額は手術当日の検査、投薬等を含めたおおよその自己負担額の目安です。
  • ※症状の程度や合併症の有無によって治療内容や投薬内容が違うため、費用は多少前後する場合があります。