患者さんをご紹介いただく医療機関の先生へ

ご紹介の際にご参考ください。

いつも患者さんをご紹介いただきありがとうございます。
新田眼科では涙道、緑内障、硝子体、眼形成、白内障(多焦点レンズ、先進医療)など、さまざまな疾患の手術治療に対応しております。
遠方への通院が困難な患者さん、日帰り手術を希望される患者さん、などそれぞれの患者さんに合わせて、スムーズな治療ができるよう対応させていただいております。
治療後に状態が安定した患者さんは、速やかにご紹介いただきました医療機関での通院へお戻りにいただけるよう心がけております。
ご希望によっては、術直後からご紹介いただいた医療機関での通院へお戻りいただくことも可能です。
手術所見や術後経過をご報告させていただき、患者さんがスムーズにご紹介元での治療に戻れるような体制をとっております。

ご紹介に際してご不明な点などは電話(027-026-2700)にてご相談いただけましたら適宜対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

新田眼科での各疾患の基本的な治療方針になります。ご紹介の際にご参考ください。

涙道疾患

複数回の通院が困難な患者さんや、伊勢崎市外や埼玉県、栃木県など遠方の患者さんは、事前に電話(027-026-2700)で状況をお知らせ頂ければ、来院いただく日程をご相談させていただき、初診当日に治療をおこなうことも可能です。

先天性鼻涙管閉塞症

生後6ヶ月以降の乳児の患者さんは初診時に治療をおこなう場合が多いです。生後6ヶ月以前の場合は病状に応じて治療をおこなっております。いずれの場合でも、ご紹介いただけましたら適宜最適と思われる治療方針をご提案させていただいております。

後天性鼻涙管閉塞(チューブ挿入術)

後天性鼻涙管閉塞は多くの場合、チューブ挿入術で対応可能です。チューブ留置2~3ヶ月後にチューブ抜去する際に来院いただいております。チューブ抜去後はご紹介いただきました医療機関での診察にお戻りいただけます。

急性涙嚢炎、後天性鼻涙管閉塞(涙囊鼻腔吻合術)

急性涙囊炎は点眼点滴治療では改善しない場合が多く、消炎後にできるだけ早く涙嚢鼻腔吻合術(DCR)をおこなっております。チューブ挿入術で治せない後天性鼻涙管閉塞に関してもDCRをおこなっています。DCRは、通常の場合は提携病院に入院のうえ、全身麻酔下におこなっております。レーザーDCRの場合は日帰りでおこなっております。手術後は状態が落ち着くまで(3ヶ月程度)は当院への通院をお願いしておりますが、それ以降はご紹介いただきました医療機関での診察にお戻りいただけます。

緑内障

レーザー手術(SLT)、流出路再建術(トラベクロトミー)、ろ過手術(トラベクレクトミー、Ex-Press)、チューブシャント手術(Ahmed緑内障バルブ)など患者さんの状態に合わせて最適な手術法を選択させていただいております。

流出路再建術(トラベクロトミー)

日帰り手術で可能です。手術後1ヶ月ほどで状態が落ち着きましたら、その後はご紹介いただいた医療機関での治療にお戻りいただけます。

ろ過手術(トラベクレクトミー、Ex-Press)

日帰り手術、もしくは提携病院での入院手術になります。手術後、状態が安定する3~6ヶ月間は当院へ通院いただきますが、安定しましたら速やかにご紹介いただきました医療機関での治療にお戻りいただけます。

チューブシャント(Ahmed緑内障バルブ)

バルベルトと異なり、ろ過流量を調整する弁機構のあるアーメド緑内障バルブを用いたチューブシャント術をおこなっています。手術後、状態が安定する3~6ヶ月間は当院へ通院いただきますが、安定しましたら速やかにご紹介いただきました医療機関での治療にお戻りいただけます。

網膜硝子体疾患

黄斑前膜、黄斑円孔、網膜剥離、糖尿病網膜症、糖尿病黄班浮腫、網膜静脈閉塞症、硝子体出血、硝子体混濁などに手術対応可能です。
重症の増殖性糖尿病網膜症や緊急性の高い網膜剥離などは大学病院などへ紹介させていただくこともあります。
コンステレーションの25Gシステムを用いて、日帰り手術でおこなっております。
執刀は森圭介先生(前埼玉医科大学眼科教授、現国際医療福祉大学眼科教授)になります。
術後状態が安定するまで(1ヶ月程度)は当院への通院をお願いしておりますが、それ以降はご紹介いただきました医療機関での診察へお戻りいただけます。
遠方への通院が困難な患者さんや、日帰りでの手術を希望される患者さんがおられましたら、ご紹介ください。

眼形成

眼瞼下垂、眼瞼内反、睫毛内反、結膜弛緩などの様々な眼形成疾患に対応可能です。
手術は局所麻酔、日帰り手術でおこなっております。全身麻酔が必要な場合などは大学病院などへ紹介させていただくこともあります。
執刀は群馬大学所属医師になります。
術後最低1回は当院での診察をお願いしておりますが、それ以降はご紹介いただきました医療施機関での診療にお戻りいただけます。
遠方への通院が困難な患者さんや、日帰りでの手術を希望される患者さんがおられましたら、ご紹介ください。

白内障

当院は厚生労働省認定の先進医療実施機関になっております。
多焦点眼内レンズを希望される患者さん、民間保険の先進医療特約に加入されている患者さんは高額な多焦点眼内レンズの費用(両眼76万円)が民間保険で負担されます。
手術は日帰りでおこないます
手術後状態が安定しましたら(1ヶ月程度)、ご紹介いただきました医療機関での診療へお戻りいただけます。
先進医療特約にご加入の患者さん、多焦点眼内レンズにご興味をお持ちの患者さんがおられましたらご紹介ください。

患者さんをご紹介いただく医療機関の先生と連携のうえ、患者さんにとって最善の医療を提供していきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。